2015年4月3日金曜日

台湾旅行3日目 (台湾式シャンプー~饒河街観光夜市)

鼎泰豊からホテルに帰り、ちょっと休憩。

これは部屋のTVで、主人と娘がよくやっていたすごろく。
負けず嫌いの娘はたまに泣いてた(笑)





さて、今夜はどうする?と話しているうちに、初日に空港で現地ガイドさんからマッサージの案内をもらったことを思い出しました。

やってみたかったことの中に「台湾式シャンプー」があったんです。帽子ずっと被っていたからなんか蒸れてるし。

いろいろなところでできるけど、ガイドさんがくれた案内では中山地区の「豪門世家理容名店」というところは送迎無料らしい・・・
電話してみるとすぐにお迎えにきてくれました。

お迎えのバンにも描いてあったけど、志村けんがイメージキャラクターらしい・・・
よく来るのかなあ。。。



私は台湾式シャンプー(500元)、主人は足マッサージ(700元)。
娘はシャンプーやるって言ってたのに、いざとなるとビビって足マッサージ見学(´Д`;)


私は裏口?からまったく別の理容店だか美容院だかに連れて行かれました。
提携してるってことなんだろね。


 台湾式シャンプーは座ったまま、泡立ててくれます。

この担当の赤い洋服の人、ものすごくやる気なかったwww
TVに気を取られたり、よそ見したり。しかも最後に喋るまで男か女かも不明だったしw(男でした。多分)
やる気ないのに、マッサージはめちゃ気持ちいい!!悔しいことに。
シャンプーはメントールがちょっと入ってたっぽい。



 そして最後にびよーんと髪を立ててくれます。
が、長すぎてシャッターチャンス逃したら、おばちゃんが持ってくれた^^;


さすがに流すのはシャンプー台で。



 そして2人がかりでぶわーっと乾かして・・・
写真ブレてるけど、黒いドライヤーはなぜか2本をビニールテープで止めてあった。



 最後にすごい早業でコテでクルリンと巻き髪に。
※リクエストしてません。


今までの人生で最速のブローでした(笑)

しかしほんとスッキリしたし、サラッサラ。

別にここじゃなくてもいいと思うけどね。やる気ないし。


志村けんのパネルと記念撮影。
左はなぜか田中義剛。(多分)




お金を払ってから、帰りはホテルではなく「饒河街夜市に行ってほしい」とお願いしたら、さすがに遠すぎるとのことで断られました・・・

が、ちょうど新しく松山線がMRTで開通して、夜市のすぐ近くの駅まで行けるので中山駅で降ろしてもらいました。
それまでは台北鉄道か、MRTの最寄駅からかなり歩くみたいだったのでラッキー。



 松山線のホーム。



 松山駅にこんなわかりにくい(失礼!)案内がありました。



 駅をでると提灯がたくさんあって早くもお祭り気分♫




 すぐに夜市の入口がありました。
・・・ええ、3日連続の夜市です。
いいんです。安いし。


 入口からすぐのところに行列が。
これまた有名な胡椒餅!
早速並びます。



 ジリジリ並んで10分ほど。ちょっと近づいてきました。



 最後のレーンになると作っているところが見られます。
毎日こうやって路上でつくるんだからすごいよね。
 
 
皮で葱を景気よく掴むようにして包んでいました。



 そしてこんな風にして焼いてた。
ナンみたい。


 やっと買えた!行儀悪く歩きながら食べちゃう。

焼きたてなのでアッツアツ。ヤケド注意です。ヤケドしたけど。

その名のとおりちょっと胡椒が効いてるので、娘は一口食べていらない、と^^;
ごめんよ~


 少し座ろうと脇道から逸れると、その名も「レインボーブリッジ」というボロい歩道橋みたいなのがありました。
(写真の橋ではありません)
そこをくぐるとちょっとした広場があり、ベンチもありました。子供たちが遊んでいます。

娘もそこで少し走り回って発散。



ふたたび夜市に戻ると、どのお店ももう座れないヽ(;▽;)ノ

やっと席があいてるお店発見。

 ここで頼んだのは娘に魯肉飯。(でも食べなかった)
ビールはセブンイレブンで調達。娘は夜市にて、その場で作ってもらえるイチゴシェイク。


 お兄さんが鉄板で焼いていた牡蠣のオムレツ。

・・・うん、普通!(笑)


 そしてそしてしつこく最後の夜も臭豆腐で〆。

あー、毎晩お腹いっぱい!






ホテルに戻ると20時前。
娘はラウンジで何か食べると言い出して・・・(夜市で食べなかったからお腹すいたらしい)

 この時間の軽食。
揚げ物メインでいろいろありました。




お気に入りのチキンナゲットをいくつも食べて彼女の夕食となりました^^;

さて、翌日は午前に帰国。パッキングして寝ますかね・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿